小説家になる方法 〜持ち込み〜



小説家になるには、新人賞に受賞するのが王道です。

ただ新人賞に応募してデビューする以外にも、小説家になる方法はあります。

新人賞に応募→受賞→プロデビューというのは作家デビューの王道と言えますが、実際はそれ以外の方法でプロになっている作家さんもたくさんいます。

例えば小説家になるには、「持ち込み」というものがあります。

書き上げた原稿を出版社に直接持ち込んで、編集者に読んでもらうという方法です。
編集者が原稿を気に入ってくれると、小説家としてプロデビューできるわけです。

作品を持ち込んでプロデビューする方が、新人賞を獲ってプロデビューするより可能性は高いです。


持ち込みからプロデビュー > 新人賞を受賞してプロデビュー


ただ地方に住んでいると、なかなか東京まで作品を持ち込みに行くということはできないですね。出版社は東京に集中しているので、首都圏に住んでいないと時間と交通費が必要となります。そういう意味では、東京在住者というのは有利ですね。

現在オイラは大阪でライターの仕事をしていますが、東京の方が仕事は多いと実感しています。文章書いて仕事したい人は、東京に行った方がいいかもしれないです。


近年の傾向として、大手の出版社では基本的に持ち込みを受け付けていないようです。持ち込みの代わりに新人賞を設け、作品を募集するという形を取っています。

と言ってもこれは「建前」で、粘って交渉すれば受け付けてもらえる場合もあります。

中小の出版社になるほど対応が柔軟になるので、持ち込みで作家デビューを目指す人は中小の出版社を狙って原稿の持ち込みをしてみるといいのではないでしょうか。


根性と情熱と勇気のある人は、電話でアポを取って持ち込みしてみましょう。
事前に原稿を持ち込む編集部に電話をかけ、

「原稿の持ち込みをしたいのですが、会っていただけますか?」

と交渉して、会ってもらう約束を取りつけます。

もちろんアポなしの突撃も可能です。電話で断られても直接会社まで乗り込まれたら、編集者としてもなかなか断れないのが人情です。もちろんアポなしで原稿を持ち込んでも断られる場合もありますが、「相手に失礼では」と遠慮する必要は不用です。

ただ作品を持ち込む場合は、持ち込む小説をきちんと選びましょう。

二次選考ぐらいは通過する(最低でも一次選考)レベルの作品でなければ、全く相手にしてもらえないでしょう。




戻る
トップページ

オススメ執筆関連サイト サービスの内容        
A8.netは日本最大級のアフィリエイト・サービス会社です。アフィリエイトだけでなく、記事を作成して原稿料を稼ぐこともできます。1記事200円〜1000円程度と高めに設定されています。中には1記事2500円という案件もあります。
ライター募集。文章執筆、ライティング、テキスト作成で原稿料を稼ぐことができる在宅ワークです。自分の好きなテーマを選んで執筆し、お金を稼ぐことができます。ノルマ一切なし。空き時間を使って自由に働くことができます。
ブログ記事を投稿することで、多彩な活動ができるサイトです。ブログライターとして原稿料を稼いだり、古い記事を再活用するサービスを行っています。
執筆依頼の急増の為、ブロガー内での注目度も急上昇中です。



inserted by FC2 system