小説家になる方法 〜(出版社などで)働く〜



作家になる方法として、出版社に就職するという手もあります。

理想は新聞社で記者の仕事に就くとか、出版社で編集の仕事をすることではないでしょうか。広告会社でコピーライターするのもいいかもしれない。

出版・広告系の業界から作家になっている人は数多くいらっしゃいます。

もちろん出版・広告関係でなくても、サラリーマンになって働くことは小説を書く上でマイナスにはなりません。様々な世界、多彩な人間模様、今までにない体験をすることで、知識を広げ、見聞を深め、それらを創作活動に昇華できるはずです。

別に無職やフリーターが悪いとは思いませんが、きちんと就職をし、働きながら創作活動を行った方がいいです(元ニートのオイラが言うんだから、間違いない)。

「サラリーマンになったら、小説書く時間なんてなくなるじゃん」

などと思われる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、書く人は寝る間を惜しんで書いています。


フリーターから小説家になった人だって何人もいるわけだから、就職せずに書き続けることも悪いことではないと思います。ただ僕の経験上、あまりお勧めはできません。

定職に就き、働きながら小説を書くというのは、凄まじい情熱が必要となります。無職やフリーターしながら書いている人達とは、根本的に根性や気合が違うわけです。

だから作家になる方法として、出版社に就職するのも有効です。


ちなみに出版社に就職するとなると、学歴が必要になってくるはずです。

二流、三流大学では、会社説明会にすら呼んでもらえないようです。まだ高校生、大学生の人は、しっかり勉強して出版社を目指すのも一つの方法かもしれません。

また出版社でアルバイトをして、そこから業界に潜り込むという手段もあるかも……




戻る
トップページ



inserted by FC2 system